できたシミをコンシーラーで隠しています。

一回できてしまったシミは、もう消える事はありません。

シミ消しなどありますが、消えるなんて考えた事はありません。

だから私はシミを消すよりも、隠す事に力を入れているのです。

誰だって女性だったら、すっぴんで外出する人はいないでしょう。

だからシミはあったら隠せばいいのです。

そのために私はお化粧する時には、コンシーラーを使いました。

肌に合一番近い色のコンシーラーを使ったのです。

まずはコンシーラーでシミを一つずつ隠すのです。

この時、コンシーラーがむらにならないように、上手に塗る事が大事です。

厚塗りすぎると、かえって目立ってしまうからです。

そしてその上からはいつものようにファンデーションを塗っていくのです。

これが普段通りの仕方なのです。

シミはできないようにしてないといけません。

私は若い時に日焼けをしすぎてしまったのです。

無茶をしてしまったせいで、私の顔にはいくつものシミができたのです。

できてしまったものを消す事は、結構難しいと思います。

化粧品では消す事ができないと思っているのです。

だからこうやって隠す事だけを考えています。

以前はパウダーファンデーションしか使っていませんでしたが、今ではコンシーラーの上からリキッドファンデーションを塗って、さらにその上にファンデーションで素肌らしくしているのです。

小さいシミはこれで隠す事ができます。

でも大きくなったシミは、なかなか隠す事も難しくなっているのです。

もしもすっぴんで外出する事があったら、私は絆創膏を貼っています。

そこまでしてもシミを見られたくないのです。

シミがあるだけで、五歳は老けて見られています。

だから何とかしてシミを隠さないと、私はおばさんに見られる事になるのです。

(三重県 ななみさん)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ